部屋が散らかってる人は片付け方を見直してみよう

皆さんお部屋は片付いています?

 

今自分の回りを見渡してみてください。どうでしょうか?昨日脱いだ服、夕食のゴミ、飲みかけのペットボトル。気が付いたら色んな物が自分の身の回りに散らばっていませんか?

 

私は小さいころから片付けるのが苦手で、散らかっていることをいつも母親に指摘されていました。でも何も気にしていませんでした。実家だから最終的には親が片付けてくれていたからです。

 

そんな私が1人暮らしを始めたら大変な事になってしまいました。昨日の夕食の残りはそのままになっているし、座るところ以外はゴミが散らばっていたり、服が脱ぎ捨ててあったり、とにかく大変な事になっていました。

 

人を呼ぶときは常に大掃除をしていたため、部屋をきれいにするだけで2~3時間掃除をしておりました。まぁそれでも生きていけるとは思いますが、衛生的によくないでしょう。これではいけないと思い、いろいろ調べて自分が実践し、うまくいった方法を書いていきます。

部屋を片付けるコツ

いらないものを10分でかき集めよう

まず、自分の部屋に散らばっているものを10分でかき集めましょう。大きな入れ物を用意して、全部その中に入れていきます。ゴミは入れてはだめですよ。

集めたら、その中から 必要なもの と いらないもの と いらないけど捨てられないもの に分類をします。

いらないものは捨てましょう。いらないけど捨てられないものは、まとめてクローゼットの中へ。その時に1年後の日付が分かるようにふせんを貼っておきましょう。1年間の間1回も使用しなければそれは要らないのだと思います。躊躇しないで捨てましょう。

これであとは必要なものだけになりましたね。これだけでだいぶ部屋がきれいになっているのではないですか?

必要なものに住所を付けよう

片付けられない人に共通している事って、どこに何を置くか決めていないことなんです。みなさんよくありませんか?出かけようとしたら財布がなかったり、車の鍵が無かったり。出勤や通学の前の時間にこういうことがあると本当に焦りますよね。ならどうすればいいかというと

モノに住所を付けてあげましょう。

鍵は玄関の扉にかける

財布は机の上

リモコンはテレビの前

自分が生活しやすいように住所を決めてあげましょう。決めてあげたら、ふせんに物の名前を記入して、その場所に貼ってあげましょう。なにも貼っていないと忘れてしまったときや面倒臭くなってしまったときに、また散らかる切っ掛けになってしまいます。

1日15分掃除する癖をつけよう

掃除って面倒くさいですよね。部屋が汚い人が掃除するのを面倒くさがる理由って時間がかかるからなんです。掃除しようと思うと全部を片付けてゴミを捨てて掃除機をかけたりするだけでかなり時間がかかります。1Kの自分でも2~3時間はかかってしまいます。

今から2~3時間かかるのかぁー面倒くさいなぁー。って思ってしまいますね。それで後回しになり、結局、人が来るから片付けるって人が多いと思います。

そんなに長時間掃除するのが嫌なら毎日ちょっとずつ掃除する癖をつけましょう。毎日15分でいいです。

また、1日に掃除する場所も1つに絞りましょう。例えば、

今日はクローゼットの中だけ片付ける!

トイレ掃除を頑張る!

台所をきれいにする! とか

いくつもの場所を同時に掃除しようとすると疲れるし、時間もかかります。また、1つの場所をピンポイントに掃除したほうが、平均的にやるよりも綺麗になるので達成感が味わえます。その感じが楽しくて、自分は半年以上毎日掃除をしています。

また、 掃除をしなければいけないリスト を作ってそれをどこかわかるところに置いておきましょう。掃除したらそこにチェックをしておけば自分がどこを掃除して、どこをしていないか気づくことができるでしょう。また、視覚的な情報はやる気にも繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

いらないものをまとめて、住所を決める。掃除は毎日15分やる。

これを守るだけで、かなり自分の部屋が変わると思います。

また、物が置く場所がねーよって方は棚をひとつ買うとかなり捗りますよ。

皆さんのお部屋のお片付けの参考に少しでもなれば幸いです。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です