現役の臨床検査技師が辞めたい理由をあげてみます。

ごー
こんにちわ!
ごー(@gorepo_zakki) と申します。

臨床検査技師として働いて3年たちますが、少しずつ臨床検査技師を辞めたいと思うようになってきました。今回はどうして臨床検査技師を辞めたくなるのか書いていきます。

こんな人に読んでほしい

  • 現役の臨床検査技師の気持ちを知りたい方
  • 臨床検査技師はどうしてやめたくなるのか知りたい方

スポンサーリンク




スポンサーリンク





臨床検査技師を辞めたい理由①:人間関係

 

りんこ
どの職種でもあるわよ。でも、検査技師はちょっと違うわ。

臨床検査技師は検査だけしていればいいと思ったら大間違いです。

ほかの職種と同じ、もしくはそれ以上にコミュニケーション能力が必要とされます。

臨床検査技師は大きくは生理機能検査検体検査に別れます。それぞれ違ったコミュニケーション能力が必要とされると思っています。

前者の場合、患者さんや他職種とのコミュニケーション、後者の場合、同僚とのコミュニケーションが主となります。

患者さんや他職種間のコミュニケーションって意外と楽なんですよね。

一緒にいる時間自体は少ないので人の嫌なところが見えにくいからです。

 

それに比べて同僚と1日のほとんどを過ごす検体検査はその職場により当たり外れが激しいと思います。

人間関係が良好な職場に行けば、楽しい毎日が待っているでしょう。しかし、その逆であればかなりきついです。

  • 性格がきつい上司
  • 細かく厳しい人
  • 純粋に一緒にいて面白くない人

 

色々といると思いますが、合わない人と長い間一緒にいるのは本当に辛い事です。

これは臨床検査技師だけではなく社会で生活をしていく上で避けては通れない道です。

ある程度は仕事だからと割り切ることができますが、それが原因で仕事を辞める人は多いですよね。

 

特に臨床検査技師のような技術職の場合、我が強い人が多いと言われています。

 

そういった方が上司だと最悪ですね。辞めたくなります。

 

臨床検査技師を辞めたい理由②:マルチタスクを強いられる

 

りんこ
検査技師はいろいろなことを同時にやる必要があるわよ

臨床検査技師は様々な仕事を同時にこなす必要があります。

例えば

  • 検体を機械にかけながら顕微鏡をのぞく。
  • データをチェックしながら、電話対応する。
  • 至急の輸血検査と血液検査を同時進行で行わなければならない。

忙しく仕事をしている白衣の男性のイラスト

などなど、臨床検査技師は1つの事に集中して仕事をできる環境は少ないと思います。

少ないと書いたのは、他の病院ならできるかもしれないという事です。

 

私は200~300床ほどの中規模の病院に勤めた経験しかありません。

経験上1つの作業だけを集中して行えるという事はありませんでした。

 

至急の検体を機械にかけていて、その最中に電話対応、内容によっては面倒くさい電話だったりするので、至急の検体に追われ、やきもきしながら仕事するときも多々あります。

しかし、大学病院などの大きな病院であれば違うのかもしれません。1つの作業の量が多すぎて、逆に大変かもしれませんが。。

 

マルチタスクが必要という観点からみると、この職に向いてない障害の1つとして ADHD が挙げられますね。正直ADHDの方はこの仕事に向いてないと思います。

僕のADHDの疑いや判明から診断までブログにまとめてみました。

2019.01.03

スポンサーリンク

style="display:inline-block;min-width:250px;max-width:336px;width:100%;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2345242541040296"
data-ad-slot="5911668125"

臨床検査技師を辞めたい理由③検査が好きでないと続かない。

 

りんこ
検査技師は一生勉強よ!

臨床検査技師は基本的に技術職なので、勉強は必須ですね。

医療の現場はどんどん変化をしていきますし、覚えることも大量にあるので、自分で意欲的に勉強していける人でないと少し厳しいかもしれません。

もちろん、働いている人全員が常にがっつり勉強しているとは思いません。しかし、普通の一般企業に働いている方よりは確実に勉強していると思われます。

 

 

勉強といっても、1人で机に座って本を読むといった、学生のような勉強ではなく

輸血の講習会に赴いたり、血液の症例検討会に行ったり など

勉強会のイラスト

実際に病院で色んな症例に遭遇しても困惑しないように前もって勉強しておく というイメージで問題ないと思います。

 

そういった講習会はだいたいが休日に行われるため、自分の休みを削ってでも勉強したい!って思える方でないと正直厳しいと思います。

 

臨床検査技師を辞めたい理由④:自分の努力で給与があがるわけではない

 

りんこ
医療系は全て安定だと思ったら大間違いよ。

 

臨床検査技師に限らず、ほとんどの医療系の仕事は自分の力で昇給をさせることはできません。

その代わりに定期昇給があります。1年間仕事をしているだけで勝手に給与が上がります。医療系が安定だと言われているはこれだと思います。

しかし、最近の中小の公立以外の病院は診療報酬の改定も相まって、どこも経営が厳しくなってきています。

経営が厳しくなった穴埋めは従業員の給与でするしかありませんよね。中間管理職のイラスト

 

今は様々な施設で、給料表の改定の話を聞きますね。どこも昇給額が少なくなります。

 

給与を下げられたくないですよね?残念ながら自分の力ではどうにもなりません。

 

なんでかっていうと、いくら頑張っても給与は変わらないからです。仕事ができる人もできない人もみんなおんなじ給与です。

お金のために頑張る会社員のイラスト

それで満足できますか?自分は仕事ができないほうなのでいいと思いますが、もしバリバリできたら

「なんでこんなやつ同じ給与なの?」

 

って絶対思います。

 

なので、頑張っても無駄って思ってしまうのも無理がないです。

 

ほどほどに仕事をすればいい、頑張る方がもったいない っていう発想になってしまうんです。

 

それは体制上仕方のないことだと思います。

 

しかし、それが自分自身の首を絞めているのかなと私は思います。

 

結論を言うと、仕事をバリバリやって稼ぎたい人は医療系は向いてないよ。という事です。

まとめ

臨床検査技師を辞めたい理由をまとめてみました。

他にも色々な思いがあると思いますが、もし今医療系に入りたいと思っている方がいたら

安定だから という理由だけで選ばないほうが吉です。

広い視野をもって色々考えた方がよいかと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

藤田保健衛生大学『臨床検査学入門』編集委員会

スポンサーリンク



スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です