臨床検査技師は面白い?つまらない?実際に働いている私が徹底解説!

臨床検査技師おもしい?つまらない?
りんこちゃん
臨床検査技師にになりたいんだけど、実際に働いていて面白いの?つまらないの?教えて!
ごー
お、りんこちゃんいいね!でも私はあんまりおもしろいとは思ってないかも。
りんこちゃん
つまらないの?でも、私臨床検査技師になりたいんだけど。。
ごー
あくまでも私はね!りんこちゃんも現実を知ると気持ちが変わるかも。。

こんにちわ、ごーです。私、臨床検査技師として働いてからもうすぐ3年がたちます。実際に働いてみて感じたこと。面白いと思ったことやメリット、またなぜつまらないと思うかについて書いていきたいと思います。

臨床検査技師を目指す方にとって参考なると思います。ぜひ、ご覧ください。


スポンサーリンク




スポンサーリンク





臨床検査技師の面白い?メリットってなに?

臨床検査技師の魅力、メリットって何だと思いますか?実際に働いている私にとって、この職を生業にするメリットを書いていきたいと思います。

勉強したことが仕事に役立つとマジで嬉しい

人を選ぶかもしれませんが、臨床検査技師は自分でどんどん新しい方法を学んでいくことが必須です。今まではAという検査法でOKだったけど、来年は違う方法でやらなければいけない。なんてこともあります。

 

自分で勉強会に参加したり、教科書を読んだり。最新の知識を追いかけていくことになります。

 

それを苦とするか、やりがいとするかは人によりますが、

自分で勉強して実践に取り入れていくという工程が好きな方にはおススメできます。

 

自分が勉強したことが、実際に検査で必要な知識になると最高ですね。テストで勉強しまくったところがドンピシャで出てくる感じの快感が得られます。キターーー!!!!って感じ。

前日勉強会で勉強した症例の患者が次の日に来て、

「あ、これ昨日やったやつだ!」

進研ゼミの漫画みたいな事が一度ありました(笑)

でもそんなことはめったにないです。でも、あるとメチャクチャ嬉しいし、面白いと思える瞬間です!

給与はそんなに悪くない所が多い

臨床検査技師の給与はイメージでいうとそんなに悪くない所が多いです。平均から平均以上あるところが多いです。

 

給与に関しては結局は一般企業と同様で大病院や大手の検査センターであれば、メチャクチャ給与高いです。本当に新卒か!?ってくらいもらえます。大きいメリットです。

 

給与に関してはそれについて徹底的にまとめているサイトがたくさんありますので、そちらを参考にしてみて下さい。

仕事自体は頭を使う仕事なので肉体的には楽(ただし夜勤を除く

生理機能検査と検体検査がありますが、基本的には座って行う検査が多いので肉体的には楽です。歩くことが少なすぎて、私絶賛運動不足中で、体重増加中です。

 

どのくらい運動不足かというと、階段上り降りでぜえぜえしますし、ちょっと腹筋したらすぐに筋肉痛になります。

メリットなのかデメリットなのかわかりませんね(笑)

 

臨床検査技師は年配の方が多いです。それは肉体的にかなり楽だからです。検査技師は経験と知識がものを言うのでなおさらです。

 

ただし、夜勤はキツいですね。

波

検査は緊急で患者が来た場合にもいつでもできるようにしなければいけないので、基本的には24時間体制病院が多いです。となると夜勤は必須です。

 

基本的にはピッチを持ち、病院に呼ばれたら検査をします。

 

深夜に呼ばれて、起きなければいけない事があるため疲れてしまい、次の日に引きずる事が多いですね。

 

ただ、そういった場合条件によっては次の日は半日で帰れたりすることがあるので、それは職場によります。

忙しい時間が限られている場合が多いので午後は割と暇

検査技師の忙しい時間帯はズバリ午前中です。

大病院だと分かりませんが、300~400床前後の中規模病院やそれより小さい病院であれば、間違いないと思います。

 

何故午前中が忙しいかというと、外来患者が多く訪れるからです。外来の患者は基本的にその日のうちに検査結果を知って、診察を受けていくことが多いです。

 

また、病棟の患者も午前に検査をすることが多いため、外来と病棟患者の検査が一気に押し寄せてきます。なので、検査結果をいかに早く正確に出すかが勝負となります。

 

なので午前中は必死になって検査をしていることが多いですが、午後は割と暇なんです。

 

たまに来る救急の患者と午前中の残りの仕事、次の日の準備などなど。忙しいときは忙しいですが、基本的に暇です。おしゃべりできる余裕があります。

 

仕事の忙しさにメリハリがついているので、集中するときにガチっと集中してピリピリしていますが、午後は割とみんなでやんわりムードです。飲食のピークの時間が終わった感じに似てますかね。

りんこちゃん
私勉強好きだし、夜も仕事頑張れるよ!忙しい時間がハッキリしてるのはいいね!

ごー
お、りんこちゃんいいね。向いてるかも!でも大変なこともあるんだよ!


スポンサーリンク




スポンサーリンク





臨床検査技師はなんでつまらないの?

つまらないポイント① 患者のためになっているという実感があまりわかない

臨床検査技師は患者と直接接する機会は少ないです。リハビリや看護師さんはコミュニケーションを取って人間関係を形成させる必要がありますが、臨床検査技師は基本的にありません。

 

それは仕事の目的が異なるからです。リハビリの方々は一生懸命患者をリハビリをやる気にさせてなければいけません。そのためには、まずは仲良くなり自分の考えを伝える必要があります。

 

しかし、検査技師は患者と仲良くならなくても検査はできます。必要最低限のコミュニケーションが取れれば大丈夫です。検体検査であればなおさらです。検体とは喋れません(笑)

色々な人としゃべりたい欲求のある方にはつまらないと感じると思います。

 

また臨床検査技師は基本的に 先生に指示されたことをこなす 仕事です。淡々とこなす事がメインとなります。

 

例えば自分がエコー検査をしていて、先生が予測できないものを見つけ、そこから病名が診断されたりしたらメチャクチャ嬉しいかもしれませんが、そんな事はめったにありません。

 

基本的にはある程度予測がついていて、それを探す作業になります。その中で自分の考えを盛り込むことは可能ですが、やはり先生の思うように検査することが一番大事です。

 

検体検査だとなおさらそういった場面は少ないです。素早く正確に値を出す必要があるので、患者のためになっているという実感を得るよりかは、どれだけ効率よく仕事をこなせたかという考えになってしまいがちです。

 

つまらないポイント② 毎日同じことの繰り返しになる場合が多い

AM 8:00 朝一で機械の調子をチェック!

AM 8:40 外来&病棟ラッシュ!検体計りまくるぜ!!

PM 12:30 午前終了!ゴハン食べるぜ!

PM 14:00 午後、残りの仕事終わらせてくっちゃべるぜ!

PM 17:00 仕事終了!お疲れさまでしたー!

 

毎日代わり映えのしない仕事が多いです。

たまに難しい症例があり頭を悩ませるときがありますが、そんなのはめったに来ません。大病院でもない限り毎日来るなんてことはないでしょう。

新人の頃は大変かもしれませんが、慣れてくると気づきます。

「あ、わりと臨床検査技師って単調な作業が多いんだな」って

 

単調な作業が多い分、絶対に間違えてはいけないんですけどね。また、単調な時が多いだけでかなり複雑に考えなければいけないときもあるので、気を抜くことはできません。

なので、難しい症例が来なければ基本的には単調な仕事が多いですね。アルバイトでも検体検査はできるのはそういう事だと思います。(生理機能検査は基本的にダメ

 

自分が難しい症例を経験して成長したくても、それが来なければできません。与えられるまで待つしかないのです。

 

他に成長するとしたら勉強をするしかないですが、勉強した知識を生かせるのはいつになることやら。。。小さい病院だとつまらないと思う事があるかも。

 

大病院ならわからないですけどね!

つまらないポイント③ かなりの閉鎖的空間

検査技師は働く場所はかなり限られてきます。また他職種とのコミュニケーションはほとんどありません。あるとしたら電話とちょっとした看護師さんとのやり取りです。

 

また、検体検査の場合、検査室を出ることもほとんどないのでほぼ一日同じ場所に居続けることになります。また、同じメンバーとやり取りをすることになります。

 

その中で人間関係を構築していくので、うまくいけば楽しい人たちと仕事をしていくことができますが、変なのがいると大変です。マジで仕事行きたく無くなります。

 

より多くの人間と関わりたい方にはつまらないかもしれません。どの職場でも一緒かもしれませんが、臨床検査技師はよりその影響が強いです。心してかかりましょう。

 

つまらないポイント④ 自分の成績に給与は全く反映されない

私の場合仕事ができなかったので良いのですが、仕事ができる人にとっては苦痛なのかなと思います。

おかね

どんだけ処理能力が早くても、知識があっても、給与は年功序列です。所属すればするだけ上がっていきます。昇給させるにはただひたすらずっと同じ場所で働き続ければいいのです。

 

でもそれってやる気がそがれますよね。

臨床検査技師はそれぞれの部門ごとに認定制度があります。簡単に言うと、それに特化したプロになるための試験があるんです。

 

それに合格すると認定がもらえ、一定のレベル以上ある人間と認められます。

 

でも、それをもらったところで給与はほとんど上がらないんです。ただ、知識がついただけなんです。病院によっては上がるところもあるみたいですが、スズメの涙ほど。

 

だから頑張る気が失せるんですよね。自分の頑張りが給与に反映されないため、それがやる気につながらないと、多くの臨床検査技師から話を聞きます。

 

いい意味でいえば安定しています。でも、それではつまらないという人には向いていないかもしれません。

まとめ
  • 患者のためになっているという実感があんまりでない。
  • 毎日同じことの繰り返しになることが多い。
  • 閉鎖的な空間で人間関係が非常に狭い。
  • 仕事を頑張っても頑張らなくても給与は一緒
りんこちゃん
そっか。臨床検査技師も色々あるんだね。私もうちょっと考えてみる。
ごー
うんうん、自分の将来一生を左右するからね!よく考えてからの方がいいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?否定的な意見が多いのは私は臨床検査技師はそれほどおススメできる仕事ではないと思っているからです。

自動化が発展していく現代では、検査技師の需要も減っていく一方だと思います。

でも実際に働いていると嫌な事ばかりではなく、もちろんいい事もあります。ついてよかったなと思う事もあります。

医療職を目指そうと思っている方は一度すべてのコメディカルについて軽く学んでからでも遅くはないと思います。

他の職種も面白そうに映るかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

藤田保健衛生大学『臨床検査学入門』編集委員会

スポンサーリンク



スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です