【スト5 シーズン4】グラマスキャミイ使いが全キャラの簡易対策まとめてみました。(随時更新します

     

ごー
こんにちわ!
ごー(@gorepo_zakki) と申します。

現在グランドマスターの私(LP55000ほど)シーズン4現在(6月17日)の各キャラに対する簡易対策をまとめていきます。

どんどん追加更新していきますので、気になる方はお気に入りに入れて頂ければと思います。

また、キャミイに対するキャラ対策にもなりますので、他キャラ使いの方も一度自分のキャラの対策は読んでも損はないかと思います。

私がかいていくのはすべて試合の中で思ったことで大事なことを書いていきます。フレーム的なことはあんまり期待しないでください。

ちなみに現在このくらいのランクです。

 

こんな人に読んでほしい

  • 各キャラに対する簡易キャラ対策を知りたい方
  • キャミイ使いで伸び悩んでいる方

スト5の各キャラに対する簡易対策

全キャラ共通でかなりやる行動

起き攻めの立弱K重ね

この行動がめちゃくちゃ強い。何故強いかというのはコチラの記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。特にしゃがみ立弱Kガードさせた後の投げシケ狩り立大Pが激アツです。

しゃがみ中K と 立大P の単発確認

ヒット確認はできなくはないですが、自分は安定させるのは無理だと思っています。単発確認少々と状況確認の併用になってきますが、キャミイを使う上で勝率を上げたければ練習しなければいけない事だと思います。

ノーマルストライク

相手の腰より下に当てて有利フレームをとる。カウンターヒットすれば大Pも入ります。

強フーリガン投げ

結構強いです。バレてる相手にはやりませんが、グラマス相手でも通ることが結構あります。バレるまではやってもいいと思います。

Exフーリガン投げ

自分が小技で死なない体力でやることが多いです。技のスピードがかなり早いので結構な確率で当たります。

Exキャノンストライク 

ゲージは基本的にこの技に回します。ただExキャノンストライクを打っても当たらないことが多いので、ノーマルのキャノンストライク打って相手に対空させるように意識しましょう。

そうすると、結構引っかかって当たってくれる方多いです。そしたら普通の飛びに対しても対空が出しにくくなるので、通りやすくなります。完璧にこの通りにはならないと思いますが、相手に意識付けをすることは大事です。

 

田植え(しゃがみ中P×2)に対してコパンを割り込んで来るときは二発目をリフトアッパーorコパンにしましょう。リフトアッパーにすると、相手が技を出していればリフトアッパーがヒットします。ヒット確認は無理なので、リターン欲しいときや確信がある時は使っていきましょう。

 

画面端でヤバい時の起き上がりリバサバクステ後ろ投げ。

相手に打撃を重ねられると普通に終わるが、ちゃんと重ねないと食らい逃げできるし、投げ重ねられても重ねが甘いと逃げて後ろ投げが通るし、そこからキャミイの画面端攻め開始です。これ正直ぶっ壊れてると思います。ウマい人には余裕で狩られるので相手を選びましょう(笑)

リュウ 対策

リュウ

大ゴス注意、大ゴスの間合いでは下手に技置かない。しゃがみ中Kで差しかえそうとすると潰されること多いです。⇒大ゴス読みで垂直を混ぜる。

波動拳に関しては積極的に弾抜けを狙っていく。⇒見てからEXアローや読みで強フーリガン投げ。ダウン奪って起き攻めがおいしいし、波動拳にリスクを背負わせるため。

波動拳読みで飛ぶことは結構負けパターンにつながる。⇒基本は弾抜けや潰す。立中Kとかで結構つぶせる。波動拳がバレバレなら飛ぶ。スピンナックルを利用してもいいが、きちんと対策している人は潰してくるので多用は避ける。

飛ぶ場合は心眼されにくいように、キャノンストライクやJ攻撃を混ぜる。

VT2中は基本的に空中キャノンストライクはやらない。フーリガン投げが有効なことが多い。

弱キャノンストライクで昇竜を釣る。うまい人には逆に着地硬直を取られるが、やる価値はあり。

春麗 対策

春麗

春麗戦は地上戦はやってる振りをします。メインは空中からです。春麗は飛びとストライクを安定して対空できるすべはありません。空対空からのリターンを狙ってきます。地上戦もいけなくはないですが、技の性能ではやはり春麗が上だと思うので、ほどほどに。

Vトリガー2発動中は手を出さない。特にしゃがみ大K。めっちゃ痛いの食らう。

ぶっちゃけ全然やってないのでわかりません。ランクマでも全然当たりません。

ナッシュ 対策

ナッシュ

基本的に上から行く。ナッシュも安定対空はゲージあるときしかないので難しい。

ソニックサイズに確定反撃しっかりとる。中サイズに対する確定反撃を見逃す人が多い。

ソニックブームをEXアローで抜けようとすると弾に引っかかるのでやらない。

ニーバズーカに確定しっかり。

ステップキック強いが、アローや飛びでかみ合わせよう。

だいたいリフトアッパーで落とせる。

ベガ 対策

ベガ

EXデビルリバースが強すぎて、嫌な組み合わせ。キャノンスパイクを空かしてクラカン取ることも可能。空対空は結構ムズい。基本的に様子見が安定かと思われる。かなり引きつけてスパイク対空はありかと思われる。立大Kもあり。要はタイミング。

垂直多めにまく。デビルリバース、スライディング、ダブルニー、アックス対策。あんまり近くでやり過ぎると相手が前ジャンプ中Pで空対空してきてかなり痛いのもらうので注意が必要。相手にジャンプを意識させて地上戦をやりやすくする目的もある。

Vゲージは基本的にVリバに回す。理由としてはやはり画面端が辛い。ダブルニーやアックスガード後などに打つと有利とれるので、積極的に狙って行きたい。

ベガ戦はガンガン飛びやストライクやっていこう。対処が難しいはず。

相手のVトリガー1は基本的に裏多めと考えよう。ダッシュしてきたら、裏にガード入れとけば大抵のベガは安定。デビリバもしかり。

Vトリ2のコマ投げはあんまり気にしなくてもいいかも。変に気にして打撃もらう方が怖い。

キャミイ 対策

基本的に攻めたもん勝ち。対応しようとするとロクなことない。

狩れるポイントとしてはストライク着地後。甘えアクセルスピンナックル(Vスキル)、甘えフーリガンに対してしっかりと反撃できるようにしましょう。

田植えをしまくってくるキャミイにはしゃがみコパンで分からせてあげましょう。

コパン→リフトアッパーをしまくってくる相手にもしゃがみコパンで分からせてあげましょう。

Vリバガードで-6なのでしっかり確定反撃取りましょう。

自分は割とVゲージ取っておきます。Vリバないと攻めを防げないときが多々あり。特に相手のVトリガー1。自分らは普段何気なく使っていますが、使われるとめっちゃ強いです。Vリバ安定もしくは投げられ安定。

バーディー 対策

バーディー戦はこかしてからが勝負。

バーディーは防御で有効な無敵技がCAくらいしかない。打撃技に関してはアーマーがあるため対処できるが、投げ無敵技がEXブルリベンジャー(発生23F)位しかないため投げに関しては格段に弱い。

なので、基本的には起き攻めは投げ重ね安定である。なので、バーディー側も基本的にはグラップをせざるを得ない。バーディー戦に関しては起き攻めは圧倒的有利という事を知ってほしい。

地上戦は基本的にやってる振りをする。色々狙おうとするとたいていやられる。無理しない。しゃがみコパンを置きまくってる場合は立中P仕込みアローとかで嚙合わせる事がたまにできる。(ちょいムズ)

バーディー側は対空手段が割と豊富。しゃがみPによる安定対空もあるし、ホーンもある。しかし、どれも欠点がある。

しゃがみ中Pは通常の飛びは安定して落とせるが、タイミングをずらされたキャノンストライクにはつぶされる。EXキャノンストライクも同様。

ホーンによる対空は強い。硬直が長いためキャノンストライク等で釣れれば確定反撃が入る。EXホーンはアーマーついてるので、キャミイに対する対空はド安定かなぁと思う。

キャミイ側としては飛ぶ手段を散らしながら一回こかして起き攻めでダメージを奪うのが勝ちパターンだと思う。なので、ゲージがない最初はマジで死ぬ気で攻める。こかせれば相手CAなければやり放題。

EXコマ投げ後のブルスライダー(うつぶせで頭スライドさせてくる奴)をガードするとバーディー有利なため、基本的には後ろ下がり安定。手を出さない。

バーディータイム(バーディーVT2)は硬直めっちゃ長いので、確定反撃意外と見逃してる時が多いので気を付ける。また、EXブルホーン2段目キャンセルは±0Fなので基本様子見。

ブルリベンジャーはEXは意識していないとまず無理。来そうなときに前もってジャンプ置いとく。ノーマルは見てから通常技(自分はリフトアッパー)が出てしまう。

ザンギエフ 対策

ザンギエフ

基本的に差し合い勝負。上手くいけば立中kでチクチクダメージとれる。

飛びはダブラリで簡単に落とされるので、安易に飛ばない。EXストライクがぶっささる事が多い印象。見てからVスキルやってきたザンギには正直お手上げ。なんとか勝とう。

スクリュー後は基本的に後ろ歩きをする。コアコパダブラリに負けるが下手にバクステ擦って大kをクラカンで貰うよりは全然安い。ザンギ戦で安易なバクステは厳禁。

ため大pには差し返すかアローを打とう。ザンギで差し返し狙いやすいのはこの技。

相手がCA溜まってない時は打撃重ね安定。コマ投げ系には全勝ち。逆にCAある時は様子見が安定。リターンあってなさすぎる。

技を重ねた時に相手がVスキルを打ってきた場合、ビックリして攻撃をやめるんじゃなくて、必殺技キャンセルまで持って行こう。一方的に勝てます。例えば田植えアローをすればアローがヒットします。

ケン 対策

ケン

波動拳の対処はリュウとおなじく。リュウより波動拳をガードしたときの有利が大きいため、確反しっかりとっていく。

竜巻暴れをしてくるケンが結構多いので、重ねはしっかり。ミスると竜巻食らいます。

空中EX竜巻ガード後はこちらが有利なため、しっかり技を打っていく。

EX昇竜ガードVトリガー1キャンセルは、5F技確定するのでしっかり確定反撃とっていく。

J攻撃が届かない距離の相手の弱波動を飛んで近づこうとすると前ダッシュ昇竜で狩られるため、安易に波動を飛ばない。

 

まとめ

随時更新していきます。今後もよろしくお願いします。

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です