海の近くに住む メリット と デメリット

海って見ているだけでワクワクしたり、時には波の音を聞きながら涙を流したり様々な感情をもたらしてくれますよね。

そんな海の近くに住むってどう思いますか?釣りが好き、サーフィンが好き、砂浜で体を焼くのが好き。とにかく海が好き!海側に移住される方の多くは、海に対するメリットを求める方が多いです。

しかし、いい話には裏があるように海の近くに住んでいると困ることもあります。塩害や強風など話は聞くけど、実際はどうなの!?って思う方もいると思います。

今回は海側に住むメリットとデメリットについてまとめていきたいと思います。

海側に住むメリットとは!?

ふとした時に海に行ける

前もって予定を立てて、準備をして、いざ出発!海から離れいてる場所に住んでいると、海に行って遊んで帰ってくるとそれだけで1日が終わってしまいます。しかし、海の近くに住んでいれば準備などせずに必要な道具だけ持ってすぐに遊ぶことができます。海側に住みたい人の多くは、海に対するお手軽さが目的で引っ越したいはず。

おいしい魚介類が食べられる

海の近くでは新鮮でおいしい海戦類が食べれます。漁港が近くにあればその周りには直売所があるのでそこで買って食べるのがおススメです。海の近くで食べれば一段とおいしく感じるでしょう。「チェーンのスーパーでもいいのでは?」と思いがちですが、実はあまり地元の魚が置かれていないことが多いです。

近くに山がある地域が多い

海の近くには山がある地域もたくさんあります。山があれば、夏はサーフィンや釣り、海水浴を楽しみ、冬は山でスキー、ボードなんていう2刀流も出来ちゃいますね!自然の遊びには困りません!

夕日が綺麗

夕日が沈んで、海の中に入っていく景色は幻想的です。嫌なことがあった時は、海に行きぼーっと眺めます。見ている間は煩わしい現実を忘れさせてくれます。

夏の海でやるBBQが最高に楽しい

BBQが最高に楽しいです。照らしつける太陽の元、うまい肉と酒をかっ食らいながら、通り過ぎる美男美女をわき目にまたかっ食らう。仲間と行ってワイワイやるのもよし。一人で行ってチビチビやりながら現地調達するのもよし。人が集まり騒ぐのが好きな方は特に、海の近くに住むのはおススメです。

 

海の近くに住むデメリットって!?

自然が多い場所が多数

海の近くに住むことは自然を感じることができる分、人工物が少ない場所が多いです。都会に住めれば問題ないですが、海水浴ができるとこは限られていますし、人も多いです。少し不便でも田舎を選んで自然を思いきり満喫するか。海要素を少し抑えて、生活の便利さを取りに行くかは好みの問題ですね。

塩害がすごい

そもそも塩害って?

① 海から吹いてくる塩分を多量に含んだ風によって、植物や送電線などが受ける害。塩風害えんぷうがい。潮害。

② 旱魃かんばつ時の地下からの海水の浸入、河川への海水の逆流、高潮などによる海水の浸入、乾燥地灌水などによって土壌に塩分が蓄積され、農作物などが受ける害。

引用元 コトバンク

車は塩害対策をしないと錆びます。自転車も錆びます。錆びるあらゆるものは錆びてしまいます。海際に住まなくても、頻繁に海に行かれる方も対策が錆対策が必要ですね。

 

砂(黄砂)が凄く飛んでくることがある

毎日というわけではありませんが、朝起きて出勤しようと外に出ると、車が砂で薄ーくおおわれているときがあります。空が黄色いときは黄砂が飛んでいる証拠です。洗車仕立てでも奴らは襲ってきます。

海風が凄い

海風が凄い事があります。夜に吹かれるとうるさくて眠れなかったり、干した洗濯物がふっとばされていたり、いろいろと迷惑です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?海の近くに住もうと思っている方、デメリットがたくさんありますが、住んでみると意外と負担にならないのが実際です。海が好きだという気持ちが勝るならぜひ住んでみてはいかがでしょうか?新しい生活があなたを待っていますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です